sakumoto

「SUMIT5-Ⅲ 始動」

 「1点突破」「全面展開」の構想の下、元谷代表が提唱されました頂上戦略は、「SUMMIT5-Ⅰ」(2010年~2015年)では「1点突破」東京都心でトップを獲るとの宣言通り、2010年の東京都内6ホテルが都心5区を中心に75ホテル(建築、設計中含む)となりました。
 「SUMMIT5-Ⅱ」(2015年~2020年)では「全面展開」の旗印のもと、東京から地方中核都市(大阪、名古屋、博多等)への展開により、ホテル客室数10万室の目標を宣言通り達成されました。あらためて元谷代表の「先見性」「実行力」に感銘いたしました。
〈高機能〉〈高品質〉〈環境対応型〉の新都市型ホテルは進化を続け、この10年間私達会員一同、元谷代表と共にダイナミズム溢れる時を楽しませていただきました。会員数も2010年770社が現在900社にまで増え、元谷代表のご指導の下結束を深めてまいりました「チームアパ」は大きな力を発揮できるようになりました。
いよいよ「SUMMIT5-Ⅲ」が始動するこの時、新型コロナウイルス感染症がパンデミックと認識され世界各国が前例なき対応を迫られている中、会員各社様も様々な対応を迫られていることと推察いたします。私達会員は「勝兵塾」や代表が毎月発刊される「アップルタウン」を通してこの間多くの学びをいたしました。今、私は代表の座右の銘を読み返しています。示唆に富んだ多くの銘の中でも「全力で得た結果は総て最高である」(2007年7月)が強く目に留まりました。最高の結果を得るためにどれだけ力を発揮できたか自問自答しています。出来ることはまだまだあります。今こそ会員各位がそれぞれの立場で持てる力を十分に発揮すればこの難局も次へのステップの大きな力となります。「チームアパ」の力を信じてチャンスに変えていきましょう。
昨年に引き続き第20期アパ・コーポレートクラブ会長を拝命いたしました。皆様と一緒に微力ですが全力で努めてまいります。本年もご指導、ご支援を宜しくお願いいたします。

第20期アパ・コーポレートクラブ会長
株式会社熊谷組  顧問 作本裕行


sakumoto

「御挨拶」

 引き続き副会長を仰せつかりました諸橋でございます。勝兵塾事務局長も仰せつかっております。今期も、アパグループ様の御発展とアパコーポレートクラブの運営の為に微力を尽くして参りたいと思っております。宜しくお願い致します。
 「新型コロナウイルス」が世界中に猛威を振るっております。同ウイルスは周知の通り、中国の武漢で発生して世界に拡散を続けております。従ってこれは「武漢ウイルス」または「中国ウイルス」と呼ぶべきであると思います。
 その元凶である中国は、まるで何の責任も無いかの様に、「中国はしっかりとした対処をしたので、殆ど終息に向かっている。他の国々も中国を見習ったら如何ですか?」という様な態度を取っています。正に「盗人猛々しい」という他ありません。中国は全くとんでもない国です。「武漢ウイルス」が我が国並びに世界の多くの国々に及ぼしている損害は実に甚大なものがあります。医学的な対処は、もちろん全力を尽くさねばなりませんが、「経済冷却対策」も全力で対処しなくてはなりません。政府は1年間程度の期限をきって、「消費税ゼロ%」政策を打ち出すべきです。そして、出来る限り消費喚起を促さないと、経済冷却がこのまま続くと大変な事になってしまいます。一軒に一律30万円の補助というのは非常におかしいと思います。出来る限りシンプルで公平感の有る「消費促進策」を講ずるべきだと思います。パチンコ屋は全国に約1万軒有るということです。「密閉、密集……」最も問題が大きな場所はパチンコ屋だと思います。一軒のパチンコ屋に100人の人達が遊んでいると仮定すると、1日に、100万人の人達がパチンコ屋に居るという計算になります。「パチンコ屋」の休業、休止をさせるべきです。皆さん、「武漢ウイルス」に負けないで頑張りましょう!!

第20期アパ・コーポレートクラブ副会長
株式会社KBM 代表取締役会長 諸橋 茂一